道の駅 歓遊舎ひこさん 生産者さん紹介 Part8 【藤川さんのしいたけ】

こんにちは!

2/3(金曜日)は藤川さんのしいたけを取材させていただきました^^
僕が添田町にきて最初に食べた加工品が藤川さんのしいたけをつかった加工品でした。

藤川さんのしいたけの魅力は安心、安全、無農薬!

そんなしいたけができるまでのたくさんのお話を聞かせていただきました。

「猪はクヌギの下にいるカブトの幼虫を目当てにきたり、鹿が小さい芽を食べにきてしまう。」

と近年増え続けている動物(特に鹿)の被害の深刻な悩みも打ち明けてくださいました。

僕がお邪魔をした日も柵が倒され、ネットが破られている現場を目にして、本当に大変なお仕事であることを肌で感じました。

そんな自然と共存する中で、愛情を注がれ、たくましく育った原木しいたけは味も抜群。
24時間かけて温度や風を調整して乾燥しいたけになります。今では地元の小学校の給食で子供達も食べているそうです。

子供達にとって乾燥物を食す機会は貴重で、出汁の味に触れることは食育としての観点から見てもとても大切。
家ではカレーや簡単なメニューで栄養が偏る家庭も多い中、調理師として嬉しくなりました^^

僕の経験した調理業界ではコストの関係で中国産のしいたけを使っているところもあったので、子供達がとてもうらやましく思いました!!

乾燥しいたけは20種類ほどの選別をして、日田の方にも需要があり、梅の花が咲く頃から本格的な収穫の時期を迎えるそうです。

藤川さんはたけのこの乾物も作っており、藤川さんのたけのこはやわらかくなりやすく、芯が残りにくいのが特徴。
たけのこはよくとれる年ととれない年があるようで、竹が茶色いときはできにくく、竹が青いときはたけのこがとれるらしいです。

ちなみに、しいたけのおすすめの食べ方の一つとしては、ステーキで、シチューに入れたりしてもおいしくいただけます^^

僕も作ってみようと思います。

他にも糸島のくきわかめとコラボをしたり、加工品作りも積極的に取り組まれている藤川さん。

歓遊舎の特産品コーナーにもたくさん置いてありますよ♪

藤川さんのしいたけHP→http://www.fujikawa-shiitakeen.com/

こちらも是非ご覧ください^^

CIMG5454 CIMG5463DSCN0390DSCN0389DSCN0387CIMG5444 CIMG5451

ニュース一覧へ戻る